スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境政策ゲームFate of the Worldプレイレポート 2

YoutubeにあったEarth Dayプレイ動画です。



 Earth Dayシナリオの最大の特徴は、普通のシナリオでは多くの地域で環境意識がConsumeristから始まるのですが、それが最初からすべての地域でGreenであるということです。これは市民が環境保護政策に賛成するので基本的にやり易いですが、例えば石油の増産や気候工学が必要になったとき、それを行うと市民の支持を失うというデメリットもあります。GEOに対する支持が低下すると、その地域で政策を行うエージェントが行方不明になったり、支部の立ち退きを命じられたりするので、注意が必要です。

 イージーモードでプレイしても、すぐに気温上昇がが3℃を超えてしまい、事実上のゲームオーバー(3℃を超えると北極圏のメタン放出が急加速し、アマゾンの崩壊が始まる)になるほどの難易度です。何度か試行錯誤してやっとクリアーできた時の方針は、

-----------------------------------------------------------------------------------------

・序盤はトービン税(通貨取引に課せられる税)を可能な地域すべてに課し、中国とインドの石炭利用を低減するために原子力の推進、一人っ子政策等を行う。多くの地域で排出権取引やエネルギーの効率化を図る。ラテンアメリカと東南アジアでは森林を保護。日本、ヨーロッパ、アメリカで新技術の開発。アフリカでは治安を強化。

・2030年ぐらいに欧米でスマートグリッドが実用化されるので、できるだけ多くの地域で導入し電力を効率化する。再生可能エネルギーや、バイオ燃料は効果が薄いので、資金はほかに回すほうがいい。

・2040年ぐらいに日本で第四世代原子炉とCCS(Carbon Capture & Storage、Card Captor Sakuraではない)が実用化されるので、原子力と、二酸化炭素の回収、貯蔵を推進する。この2つの技術が中盤のカギとなる。また同時期に日本では気候工学の代表的手法、エアロゾル散布が実用化されるので、今は使わないにしても2~3の地域に導入しておくとよい。

・石油は序盤で、利用状況にもよるがウランも21世紀中盤過ぎぐらいにピークを迎える。しかし再生可能エネルギーは不十分なため、増産と効率化で引き延ばしを図らなくてはならない。

・21世紀後半ごろから世界恐慌が発生し始めるが、短期間で終わればそこまで大きな影響はない。その時期に開発される量子コンピューターで、GDPを増やしておけば、歳入の増加につながる。

・22世紀に入るぐらいで気温上昇が3℃近くになったので、エアロゾル散布を2か所で実行。気温は0.2~3℃ほど下がるが、続けないと効果がない。住民の支持を失うので、支持をあげる政策を使うかいくつかの地域で持ち回りでやることになる。

・22世紀でカギを握るのは第1世代ナノテクと、AI(人工知能)。ナノテクで人工樹木を作って二酸化炭素を回収し、AIで市場や天候の予測を行いリスクを低下させれば、住民の支持も上昇する。

・同時期に核融合も開発されるが、導入と利用にコストがかかる割には出力は大きくないので無視。宇宙開発は宇宙太陽光発電以外はほぼ役に立たないみたい。

・支持率が低下してきたら、バイオ燃料やシェールガス等の利用禁止を行えば全世界でかなり上昇する。特にメタンハイドレートは採掘事故で崩壊して大量のメタンガスを排出するので、早々と禁止すべき。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 プレイしていて実感したのは、序盤の再生可能エネルギーの乏しさと、気候工学の強力さです。集積型太陽電池などの技術が進歩するまで、十分なエネルギー源にはなりえませんでした。すべてのエネルギーには長所と短所があり、それらをバランスよく組み合わせることが最良の選択でしょう。また気候工学は+3℃のティッピングポイントを超えそうになるときに最後の手段として使いましたが、結局最後まで使い続けることになりました。強力であるがゆえに依存性の強い技術で、使う人間のモラルが問われることになります。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。