FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境政策ゲームFate of the Worldプレイレポート 1

 オックスフォード大学Myles Allen教授の研究に基づいて制作された環境政策ゲーム、Fate of the Worldを購入し(19$ほどでダウンロードできます)、9つのシナリオのうち主要なものをクリアしたので、そのレポート。



このゲームでは世界は12の地域に分けられ、それぞれの人口、GDP、産業の比率、エネルギーの生産と消費、教育や技術の水準、出生率、平均寿命、人口の構成、環境意識など無数のパラメーターが複雑に絡み合い、政策によって変化します。政策は環境、技術、エネルギー、福祉などに分けられ、再生可能エネルギーの推進、新技術の開発、排出権取引、医療水準の引き上げ、治安の強化などさまざまで、技術が発展するにつれて月の開発やナノテクノロジーによる医療などSF的なことも可能になります。

 プレイヤーは、2020年の環境サミットで設立された超国家的組織GEO(Global Environmental Organization)の代表となり、それぞれのシナリオで設定された目標を、ある年度までに達成しなければなりません。9つのシナリオにはアフリカのHDI(Human Development Index)を上昇させるチュートリアルから、2200年までに気温上昇を3℃以下に抑えるといったグローバルで長期的なものまであり、中にはもし二酸化炭素と気温上昇が無関係だったら、というフィクションのものまであります。今回レポートするのはその中の中心的なもののひとつEarth Dayです。

 Earth Dayでは、もし2020年の環境サミットで世界中の人に意識革命が起こって、世界が気候変動解決のために立ち上がったら、という設定です。勝利条件は2200年の気温上昇を3℃以下に抑え、HDIの平均が0.5ポイントを下回らない(HDIは一人当たりGDP、平均寿命、教育水準で計算され、日本は0.912です)、世界12地域の半数以上のGEO拠点を失わないというものです。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。