FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・ゲイツと気候工学

 マイクロソフト会長で世界有数の大富豪であるビル・ゲイツは、現在途上国の病気や貧困問題の解決のためのビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の活動に主に携わっていますが、彼が気候工学の支持者であることはあまり知られていません。Gurdian紙の記事によると、http://www.guardian.co.uk/environment/2010/may/14/bill-gates-cloud-whitening-dangerous  彼はcloud whitening (雲の増白)と呼ばれる技術の研究のため$300,000の資金をSilver Liningというアメリカに本拠を置く団体に寄付し、実験を後押ししています。

 また最近NHKでも放送されている多くの世界的著名人も出演しているプレゼンテーション、TED (Technology Entertainment Design) で2010年にエネルギー問題についての講演をしていますが、その中で全く新しいタイプの原子炉などの解決策とともに、24分ごろから気候工学の「20年か30年の時間的猶予」を与えてくれる「保険」としての役割について語っています http://www.ted.com/talks/bill_gates.html 。さすがにIT界の巨人、わかりやすくユーモアに富んだプレゼンテーションは一流で、英語も聞きやすいのでぜひ観てください(字幕付き)。

 ゲイツの気候工学への支援に対して批判的な意見も多いですが、実際に実施するかは置いても将来の気候変動対策における一つの選択肢として気候工学の研究は不可欠と思えます。そのリスクについて心配する人も多いですが、これを行わない場合に生じる可能性がある被害(人的、経済的、生態学的)を可能な限り定量的に評価し、それと比較しないと意味がありません。十分な知識もなしに新しい技術を批判することは、思考停止にほかなりません。

 またゲイツと並ぶもう一人の巨人、アップルの故スティーブ・ジョブズ(僕の病気はジョブズが患っていた膵内分泌腫瘍とよく似ています)がスタンフォード大の卒業式で行った有名なスピーチで引用した “Stay hungry. Stay foolish” という言葉は、彼が愛読したアメリカの作家、環境活動家スチュワート・ブランドが1968年に創刊したWhole Earth Catalogue という雑誌から取られています。そしてブランドはWhole Earth Discipline (『地球の論点--現実的な環境主義者のマニフェスト』)という本で気候工学の推進を主張しています(残念ながらまだ未読)。ジョブズは気候工学についてどのような意見を持っていたのでしょうか。


地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト
(2011/06/15)
スチュアート ブランド

商品詳細を見る


ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。