FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LCAについての講演会に行ってきました

 今日は午前中、僕の勤めている大学で開催された、同じ県の工業大学の先生によるLCA (Life Cycle Assessment、製品やサービスの環境負荷の評価)の講演会に行ってきました。会場の講義室が、僕が授業でよく使う講義室の向かいにある同じ形状の部屋だったため、いつもとは逆の視点から講義室を見ることになり、ちょっと不思議な気分でした。数十人ほどの人が参加していて(大部分は60歳以上みたいでしたが)、講演後の質疑応答も活気がありました。

 キーワードになるのはやはり「定量化」という言葉でした。僕も以前に書いたとおり、環境への負荷を減らすにはその行為のメリットとデメリットを定量化することが不可欠です。講演では例えばレジ袋とエコバッグを例にとり、レジ袋1枚の製造で26.0g、エコバッグ1枚では854.0gの二酸化炭素が発生するので、エコバッグは854/26≒33回以上使って初めて環境負荷を減らすことができるというように、具体例をあげて詳しく説明されていて、参考になりました。

 しかし疑問に思った点もあります。講演では雨水の活用を勧められていて、雨水を集める装置の製作に約14.7kg、1年間に削減できる水道水からの二酸化炭素約1.05kgと計算されていましたが、年に約1kgというのは水道水活用のための労力(装置を作る、雨水のうち利用できない部分を捨てる、雨水を輸送するなど)で得られる成果としてあまりにも少なすぎます。日本人が家庭(自動車からも含む)から排出している年2,200kgと比較すると、誤差の範囲でしょう。また二酸化炭素1kgは平均的燃費の自動車を10分ほど運転した場合の排出量と同じです。先生は雨水利用には災害時の備えのためなど、温室効果ガス削減以外の利点があるとおっしゃっていましたが、LCA的な利点よりそちらのほうを強調されたほうがよかったように思えます。

 講演終了後、先生のもとにあいさつに伺い、航空温室効果ガスについて大学や学会、NPOに送っている資料を受け取っていただきました。どうもありがとうございます。僕は今まで大学や学会での自分の立場を考えて、この問題について広めることは少しセーブしてきました。学会出席のため飛行機が使えなくなることに反発する大学教職員は多いはずだからです(事実、黙殺だけならまだしもいやな目にあったこともあります)。しかしもう医師から余命を宣告されている身(むろん、その通りに死ぬつもりは全くありませんが)。怖いものは何もありません。これからは大学の航空排出についても、遠慮なく問題を提起していくつもりです。

( ゚Д゚)< 言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~ポイズン~♪

"POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~/If you love me,don’t for"
(1998/07/29)
反町隆史

商品詳細を見る


ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様です

言いたいことを実際に言う、言わない以前に言いたいことが明確にあるということが素晴らしいと思います。

No title

 航空排出問題は、だれにとっても都合が悪く見て見ぬふりをされている問題ですからね。誰も言わないなら僕が言うしかありません。
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。