スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力とヴィアン『うたかたの日々』

 僕は今病気の化学療法を受けていますが、医者である友人のアドバイスにより免疫力を上げるような生活を心がけています。最近の研究では、がんの治療において免疫力の果たす役割が大きいことが分かっていて、それを上げることでがんが縮小したケースもあるそうです。そして、免疫力は睡眠や栄養といった肉体的なものだけでなく、精神的な状態にも影響します。よく笑うことで免疫力が上がるということを聞いたことがありますが、精神的な安定、充足も重要な要素でしょう。楽しむこと、感動することが闘病につながるなら、闘病も悪いところばかりじゃないと思えます。

 このことから思い出した小説があります。フランスの現代作家、ボリス・ヴィアンの代表作である『うたかたの日々』(1947)です。パリで楽しい生活を送る、若く裕福なカップル。二人は友人たちに祝福され結婚しますが、美しい妻クロエは肺の中に水連が咲くという奇妙な病気に侵されます。この病気を食い止めるための方法は、24時間周囲に美しい花を絶やさないこと。自分より美しい花があると、水連は恥ずかしがって大きくなろうとしないのです。高価な花の代金のために財産を失っていき、彼らの幸福な生活が崩れていく様は、レイモン・クノーが「もっとも悲痛な恋愛小説」と呼んだのにふさわしい残酷さを帯びています。

 美少女の胸の中に咲いた水連と、中年男の腹の中の腫瘍ではだいぶ違いますが、僕の病気の免疫的治療法もこれと少し似ていると思います。幸いなことに、僕は感動するための手段が安上がりな人間なので、この小説のような悲劇は免れます。このブログを描いているのも、僕の治療の一環です。読んでくださる方には本当に感謝します。また読んでくださる方のブログを拝見するのも大きな楽しみです。

 最後に、『うたかたの日々』のことを書くとき、有名なまえがきの文章は書かずにはいられません。

「二つのことがあるだけだ。
それは、きれいな女の子との恋愛だ。
それとニューオリンズかデューク・エリントンの音楽だ。
そのほかのものはみんな消えちまえばいい。
なぜって、そのほかのものはみんな醜いからだ」


うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)
(2002/01)
ボリス ヴィアン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。