FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッション業界こそが持続可能な社会をリードする

 タイトルを見て首を傾げた人も多いでしょう。ファッションとはまさに消費のための消費、つまり新しいものを買わせるために古いものが陳腐化されるものであり、環境にとっての敵以外の何物でもないというのが多くの人の考えるところだと思います。しかし、以下の理由で僕は現在のファッション業界に持続可能な社会実現のカギがあると思います。

 持続可能な社会においては、資源、エネルギーの消費をそれらの再生可能なレベル以下に抑えるだけではなく、人間の経済活動を破綻させないようにしなければなりません。環境が守られても消費が抑制されて経済が停滞し、失業者があふれる世の中になってはいけません。そのためには、エネルギー、資源をあまり消費せず、高い付加価値を持った商品やサービスを開発しなければなりません。

 人間のエネルギー、資源消費は主に衣食住と交通の分野においてです。この中で、衣は消費する資源、エネルギーがかなり(おそらく圧倒的に)少ない分野です。例えば一着のジャケットは結構大きな買い物で、価格は高級なもの(たとえば人気のイタリアのジャケット専業ブランドBoglioliやLardini)だと8~9万円ほどしますが、温室効果ガスは二酸化炭素で5.9kgほどにすぎません。(エコシンク http://www.ecothink.jp/econumber/econumber37.phpより)これは、日本人の1日の家庭排出量とほぼ同じです。また平均燃費の自動車を1時間走らせたらやはり6kgほどですが、その場合消費する自動車のガソリンは3リットルほどで500円程度です(免許持っていないので、憶測で書いています)。同じ温室効果ガスの排出でも、経済効果は100倍以上違います。

 加えて、現在のトレンドが高額でもよい品物を買って長く使うという定番志向になっていることがあります。90年代後半~2005年ほどまでは、ヨーロッパのメゾンブランド(代表的なものはエディ・スリマンのデザインによるDior Homme)がトレンドの中心で、毎シーズン変わるモードなスタイルが主流でしたが、2005年程からニューヨークのトム・ブラウンの台頭によって、アメリカン・トラディショナルの流れが圧倒的になり今でも続いています。

 トラッドは基本的に変化の少ないスタイルであり、そのアイテムはツイードのジャケットや上質なレザーシューズなど、長く使えばそれだけ価値の上がるものが中心です。最近の雑誌にはファッション界の有名人が数十年愛用している靴やコートなどの写真があふれ、定番品の特集が毎月のように組まれています。1つのものを修理しながら大事に使うのは、持続可能な社会での消費スタイルそのものです。ファストファッションの大量生産品を使い捨てにする消費とは真逆のものです。

 そしてこの定番志向は退屈なスタイルになりません。今はスタンダードなものを中心として、その中に今季の流行をいかに取り入れるかが、個人の腕の見せ所となっています。例えば今季のメンズではヴィヴィッドな色やフラワープリントが流行していますが、こういったアイテムをいくつか買い足して手持ちの服に取り入れることで、少ない環境負荷で、流行とスタンダードのバランスのとれた洗練されたスタイルを作ることができます。持続可能な社会においても新しいもの、変わったものに対する個人の欲望や、創造性が抑圧されることがあってはなりません。環境負荷が許される範囲で楽しめばいいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは
相変わらず、おもしろい切り口で記事を書かれますね!!

大熊(略)さんの狙い通り
「え、どういうこと?」とタイトルに惹き付けられ
現実性のある部分に着地する。

お見事です。

No title

こういった価値観は、若い時から教育していく必要があると思います。「食育」はよく言われているけど、「服育」はあまり聞いたことがないので。

子供の時にファストフードなどばかり食べさせられていると、食べ物を見たときどんな食材が、誰の手によって、どのように今食べている物になったかを想像できないように、(服に限りませんが)人間の手がかかっていることを感じさせないものばかり使っていると、それの背景にあるもの、人が見えなくなる。

このへんの問題、会員であるNPOとかにも提案してみようかと思います。

服育か、おもしろい!

こんにちはちは! 「銀河デビュー」のお返事ありがとうございました!

未だ大熊様の記事全部読めていないので、脱地球的、の本旨が良く解ってませんが……。ただ、大多数の人間の視野は物凄く狭いですよね。動植物を貪るどころか、同胞まで! 頭痛どころか、吐き気を覚えます。

でも、ホント! エネルギーを減らす事考えろよ!と、アタシも思います。長年の誤診投薬の後遺症で、体温調節が利かない身体になってしまったので、夏場はクーラーに頼るしかない状態で、非常に申し訳なく思ってます。が、毎日、熱中症寸前で寝た切り生活、というワケにも行かないので……。

あ、服の話だった! アタシも、現在の「大量消費」ファッションには意義を唱えます。お金が無いんで、安い物を着ていますが、それでも、「着まわし」を最重要視しています。シンプルなデザインの服を選んで、組み合わせる事によって、何通りにも「魅せる」。

社会人になってかなり経ってから、100万かけて、パーソナルカラーを学びました。が、アナリスト達の提案するファッションは、「お金を掛けずに」と言いながら、貧乏育ちの私から見てお金が掛かり過ぎ。効率が悪い。彼女達は商売ですから、投資する額も大きくなるでしょうが、皆が皆、親許に居て、小遣いを大量に使える身分では無い。

「お金を掛けず、智恵を駆使して楽しむファッション」を考えています。

「消費」ではなく「循環」にしたいんです。何でもそう。古着の活用も一つだけど、個人単位でも「循環」。

今の経済状態では、日本製品は無理なんですが(汗)

安い海外ものを買ったとしても、それを着回して、少なくとも、「使い捨て」るような真似はしたくないです。

あ、もう10年くらい着てるアイテムとかあるワ(笑)

No title

こんにちは。

環境問題の原因の一つに、豊かさとエネルギー消費が比例しないことを知らない、未熟な消費者が多いことがあります。

例えば靴が好きな人ならだれでも、手入れして履き続け、風合いも足馴染みもよくなったものが、新品より価値があることを知っています。

このような価値観を幼少のころより形成することが、エネルギー、資源の消費を抑えて豊かな生活を送れる社会を作るのだと思います。

リンク張らせてもらいます。

>環境問題の原因の一つに、豊かさとエネルギー消費が比例しないことを知らない、未熟な消費者が多いことがあります。

! そうか、そうなのかも……! 「消費税が上がって皆がお金を使わなくなると、ますます不景気に……」なんて、単純思考してる人居るところを見ると、そうなのか……!

経済の事だけで言えば、「死に金」をいくら使ったところで、それは単なる「バブルの再来」になるだけです。

第一、そんな消費を増やしたところで、ますますエネルギーを浪費するだけでなく、ワーキングプアを増やすだけですよね?!

え? で、でも……、小さい頃から、省エネって、家庭で躾ますよね??? 電気でもガスでも、水道でも、何らかの商品であっても、無駄使いしたら、怒られますでしょ???

ひょっとして……、私の感覚と、一般の感覚には隔たりがあり過ぎるのか??? って、大熊様に質問してもしょうがないんですが……。

あ、簿記資格持ってて、経理として正社員でずっと働いてたんで、ついつい経済系の話に頭が行ってしまうんですが……(汗

んん? 世間一般、って、どうなってるんだ……???

あ、フリーとの事ですが、一応、ご連絡しときます。

度々

ああ、そうか。人間なんて、精神・人格レベルは、1000年2000年前から変わってませんもんね。

人格未成熟者が、「科学という力」を手にしたが為に、今、地球は疲弊している。

成る程。至極単純明快な原理です。

ありがとうございます。勉強になりました。

No title

ふわふわ様

結局、高価で上質かつエネルギーや資源を使っていないものを買って、経済を活性化し環境も守ることが大切ということです。

人件費の安い遠い国で、エネルギー効率の悪い工場で大量生産されたものと、効率の良い日本の工場で作られたものなら、可能な限り後者を選ぶべきです。
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。