スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'14 3/8 温熱療法のセカンドオピニオン

 昨日病院に温熱療法に関するセカンドオピニオンを聞きに行きました。温熱療法とは電子レンジの原理で電磁波によって患部の血流の温度をがん細胞が死滅し始める42度以上に上げて治療する療法で、首から上のがん以外にはほぼ全身すべてのどの段階のがんにも理論的には適用できます。しかしそれだけではがん細胞を根絶できることはまれであるため、放射線療法や化学療法と併用されることが多いです。副作用は比較的少ないとされています。

 僕のがんの場合は、体の中心部に大きな塊として存在しているので、かえって効果的に温めることができるかもしれないとのことでした。普通の細胞は血流が多いためなかなか温度が上がりにくいそうですが、がん細胞は血流が少なく、しかも大きいものの中心部は熱がこもる性質にあるため、うまくいけばがんを一回り小さくできるか安定させることができるかもしれないのでやってみる価値はあるとのことでした。加えて僕は化学療法の副作用が驚くほど少なく(少し体がだるくなるぐらい。シスプラチンでも2度吐いただけだった)、温熱療法は化学療法の効果も増幅させることがあるため、組み合わせて治療したほうがいいとのことでした。

 まだ効果は未確定ですが、わずかながら希望が見えてきたと思います。今は故郷で温熱療法ができる2つの病院に紹介状を書いてもらい、友人の助けも借りて入院先を決めようとしているところです。一刻も早く温熱療法を受けたいため、WT1ペプチドワクチンについてはこの療法が効きそうかどうかわかってからまた考えたいと思います。

 主治医と両親を説得して、すぐに緩和治療に移るのではなくセカンドオピニオンを聞きに行くことができて本当に良かったと思います。いろいろと助言をもらえた友人などにも感謝します。

 現在は大学構内にある、教職員が利用できるビジネスホテルのような宿舎に泊まっています。激安で快適なため、もっと早くこっちに泊まっていればよかったと思います。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。