FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の大気汚染と人工降雨

 長いスパンで広範囲の領域の気候に影響を与える気候工学に対して、人工降雨など短期間、局地的な気象に介入する気象工学は低コストで要求される技術レベルも低いため、割と古くから世界中で実施されてきました。特に中国では、人工降雨は干ばつの対策や北京オリンピックの時は開会式の天気を快晴にするため、国がバックアップしてきました。そして最近、人工降雨の新たな利用法を政府が推進して話題となっています。

 ご存じのとおり中国の大気汚染による住民の呼吸器疾患は深刻で、その死者数は少なくとも毎年100万人という報告もあります。 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1219&f=national_1219_001.shtml この対策に頭を悩ませている政府は、「有害濃霧を人工降雨により軽減」するための気象コントロールを各地の気象部門に認めました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131218-00000017-xinhua-cn 僕はこの計画が今後どのような経緯をたどるかに注目しています。

 有害物質は気体より液体、液体より固体と濃縮したほうが扱いやすく、被害も少なくなります。その点からは、大気中の二酸化硫黄などを雨に溶かしてしまうことは、合理的な大気汚染軽減の方法と言えます。またヨウ化銀を用いる人工降雨も中国政府には十分なノウハウがあると思われるので、成功の確率は高いでしょう。しかしこれを実施するには以下の点について留意する必要があります。

・汚染物質が溶け込んだ降雨による土壌の汚染はどの程度になるか。
・人工降雨と工場の排気ガスのクリーン化を比較した場合、コストの上で見合っているか。
・人工降雨を実施した場合、周囲の気象に対する影響はどの程度になるか。

 この3点に関して問題がなければ、積極的に人工降雨を実施するべきだと僕は思います。例えば実施により大気汚染による死者数の10パーセントを低減できた場合、それは年間10万人にもおよびます。これだけの生命を救えるなら、例えば異常気象による局地的な農業生産の低下などのデメリットは国が補償することを前提として、実行するべきでしょう。

 どのような気候やエネルギーに対する政策にもメリットとデメリットのどちらも必ず存在します。大切なのは、総合的に判断して現状考えられるうえでの最適な選択を行うことです。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。