FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空温室効果ガスの北極圏への影響

 仕事柄、大学の英語の授業で用いるテキストのサンプルがこの時期になると多く送られてきます。僕は今学部の授業は半期の1コマしかなく、使うテキストも工学関係に限られるのでそれ以外は目を通すことはほとんどありませんが、たまたま科学関係の読み物のテキストを開いたら、How aircraft emissions contribute to warmingという内容の記事がありました。それは2009年のNatureに掲載された記事であり、航空機の気候変動、特に北極圏のそれに対する影響についてでした。元の記事は http://www.nature.com/news/2009/091221/full/news.2009.1157.html で読めます。 

 航空機の温室効果ガスの重要性についてはこのブログでも何度も書いてきましたが、この記事で紹介されている研究の重要な発見は、それが特に北極圏に大きな影響を及ぼしているということです。スタンフォード大学のDr. Mark Jacobsonは2004年から2006年までの航空機による温室効果ガス排出のデータを基に、その大気の組成等への影響、特に黒色炭素を考慮したモデルを作成しシミュレーションしたところ、北極圏の温暖化の15~20%が航空機が原因であるという結果になったそうです。

 航空機を利用する機会は一般の人はそう多くないと思いますが、そのわずかな利用だけで北極圏の気温上昇の1/5に寄与していることになります。このブログでも書いているように、北極圏は地球の気候システムのいわば「急所」であり、ここの気候システムが不安定になると地球全体に影響を及ぼします。国連の専門機関は、2020年までに航空温室効果ガスの規制の導入を決めましたが、 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0500V_V01C13A0000000/ それでは遅すぎます(AMEGによれば、北極海氷の2018年までの消滅確率は95%)。一刻も早くこの問題が注目され、北極圏の気候システムの崩壊を阻止する必要があります。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。