FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋服を買って二酸化炭素を減らそう:2013ウォームビズ


MEN'S EX (メンズ・イーエックス) 2013年 10月号 [雑誌]MEN'S EX (メンズ・イーエックス) 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/09/06)
不明

商品詳細を見る


 東京では31度を記録し、桜が開花したそうですが、連休明けからやっと涼しくなりそうです。洋服好きにとっては楽しみな秋がだんだん短くなっています。そうならないためにも、化石燃料の消費を減らす必要があります。

 ウォームビズで削減できる二酸化炭素量の試算は以下のサイトのカリキュレーターを参照。たとえば、400m2のオフィスで外気10.3℃の場合、エアコン設定温度を21℃から20℃へ下げることで、1シーズンで374kgの二酸化炭素を削減できるそうです。熱力学的に非常に厳密な計算をしているサイトで、これぞ理系の正しい環境対策と言えます。http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000704

 これに対し、洋服の製造で生じる二酸化炭素は以前書いたようにジャケット1着で6kgほど。秋冬物を新調してエアコン設定温度を下げたほうが総合的に二酸化炭素削減になるケースが多いです。それでは今年は何を着ればいいのでしょうか?

 Men's Exのようなビジネスマン向けファッション誌によると、今年注目は大柄チェックジャケット、ミドルゲージのタートルネック、カラーパンツとなっています。春夏のトレンドから大きな変化は見られません。カラーパンツは職場では厳しいところが多いと思いますが、その中で無難な色を選ぶならマスタードイエロー。ベージュに色が近いのでチノーズの延長ではけて、基本色である紺、グレー、茶のすべてと相性がいいです。

僕の手持ちのものではこんな感じ。
20131011204858.jpg

ジャケットとタートルは去年買ったもので、イエローのチノは今年の春に。今から買うならコーデュロイがいいでしょう。カラーパンツをはくときには他の色を抑える必要があるので、タートルはグレーにするべきだったと反省。

 秋冬のジャケットは素材感があるものが多く、野暮ったくなる危険があります。そうなるかどうかは結局サイズ感です。どんな上質でデザインが良いものでも、脇まわりがガバガバでウエストがユルユルのジャケットは、今どきのシルエットの量産品にも劣ります。身長170cmほどなら身幅50cm、着丈70cmぐらいが基準なので、それより大幅に太く長いものはお直しに出すか買い換えたほうがいいでしょう。

 ここまでカジュアルにできない場合は、ヴェストやカーディガンを加えるだけでもだいぶ保温性は上がります。その場合、ニットのものはきれいな色のカシミアなどトレンドや上質感のあるものにしないと、オサーンの「毛糸のチョッキ」になってしまうので注意。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。