FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチャード・パワーズの小説と化学療法


Gain: A NovelGain: A Novel
(2001/11/01)
Richard Powers

商品詳細を見る


 先週よりシスプラチンの化学療法の第二クールが始まりました。その前の血液検査で、初めて肝臓のAST, ALTの数字が正常の範囲になりました。この数字が直接回復を示すものではないと思いますが、効いている可能性があるのではと思っています。

 シスプラチンという抗がん剤の名前を聞いたとき、どこかで聞き覚えのあるような気がしていましたが、先日過去に論文を書いたことがあるアメリカの現代作家、リチャード・パワーズの作品Gainを読み返しているとこの薬剤の名前を見つけました。

 Gainはアメリカの一石鹸製造業者が巨大多国籍企業へ発展していくプロセスと、ガーデニングにその会社の農薬を使用していたために卵巣がんにかかる女性の闘病を併記して描いた小説です。その中でヒロインがシスプラチンの副作用に苦しむ場面があり、記憶に残っていました。

 思えばパワーズ氏とその作品と僕に起こった出来事の間には奇妙な関連があります。まずパワーズ氏と僕は、同じように物理学科から文学へ転身しています。また小説『ガラティア2.2』では、作者本人をモデルにした小説家が大学の工学部の所属となり、人工知能の研究者と共に人工知能に文学を理解させようとしますが、僕もやはり人工知能や複雑系科学を研究している学科の所属で、科学英語を教えながら気候変動や持続可能性の問題に人文系からアプローチしようとしています。そしてこの化学療法です。

 このような偶然が続くなら、もしパワーズ氏ががんから回復した男の話を書いてくれたら、僕も治るんじゃないかと思ってしまいそうです。数年前に来日されたとき、僕の指導教官が作品の一つを翻訳されていることもあり、歓迎会に参加させて少しお話させていただいたのですが、とても知的でかっこいい人でした。もしまたお会いできれば、頼んでみようかな。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。