FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'13 9/23 今年秋冬の傾向と対策

 もうすぐ10月。気温がやっと30度を下回ってきて、秋の洋服がそろそろ着れそうな時期になってきました。この前の日記にも書いた通り、メンズでは今年の秋冬も10年近く続くアメリカン・トラッドの流れに大きな変化はありません。ですが毎シーズンそれに微妙なアレンジが加わっていて、それを意識しているのとしていないのでは大きく差がつくことになります。

テイラードでは、春夏からの大柄のチェックが依然として最有力であり、ジャケットやコートなどに使われています。それについては、Beams 中村氏のブログを参照。http://ameblo.jp/beams-class/entry-11610973886.html 僕は去年グレンチェックとタータンチェック(ブラックウォッチ)のジャケットを買ったので、もう今年はいいと思っていますが、もしセール等で安くて良いものがあったらブラウンの大柄チェックジャケットが欲しいです。

洋服自体に大きな変化がなければ、コーディネートの小技が重要になってきます。去年から一部の人が始めていて、今年から大きな流れになりそうなのが、ジャケットにスウェットシャツ+ボタンダウンシャツのコーディネート。普通ニットを使うところを首が緩めの古着風カレッジスウェットを使うことで、新鮮さとリラックス感が出てきます。例えばこんな感じ。

2013092170903.jpg

コーデュロイジャケットとチェックのBDシャツはもう何年も着ている物で、スウェットはセール価格で買ったChampionのカレッジスウェットです(カレッジスウェットは予備校生時代にYale大のものを買って以来)。ツイードやコーデュロイのジャケットは、田舎くさくオサーン風になってしまう危険がありますが、カレッジスウェットで中和されます。ここでパンツをデニムやカーゴにすると凡庸なので、クロップトなどのカジュアルなグレーのスラックスの方がいいでしょう。京都にいたときによく行っていたセレクトショップでは、大胆にもカシミアのジャケットにレタードスウェットを合わせています。 http://www.andyhouse.co.jp/different/news/archives/2013/09/post_30.html

基本となる洋服がしっかりそろっていれば、少し買い足すだけでしっかりとトレンドを意識したスタイルを作ることができます。チープシックの精神は、現在も健在です。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

センスが良いですね

ユーディロイの生地って温かみがあっていいんですよね。
コーディネートで若々しさも演出できますし、そこら辺はセンスの問題でしょうが、写真の組み合わせ、けっこう好みです。

No title

ありがとうございます。
このタイプのスウェットは新品だとかっこ悪いので、
今毎日のように洗濯しています。
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。