スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の研究の展望

 先日学会発表が終わり、いくつか指摘、質問をいただいたので、それも参考に今後どのような方向に研究を発展しようか考えています。日本文学における気候、気象操作とキリスト教や仏教、アニミズムなどの自然観の関係について論じたのですが、やはり取り上げた作品に年代的な偏りが大きかったという問題があります。気候工学自体がマイナーな分野であり、それを扱った文学作品というとさらに少数になるのがその理由です。今後は日本に限らず他国の作品、また映画やアニメ、ゲーム等も分析の対象にすることを考えています(ていうか、むしろこっちの方が好きなのですが)。

 例えばジェイムズ・ラブロックのガイア仮説を基に作られたSim Earthという地球の生態系や文明を発展させていくゲームがありますが、プレイヤーは神の視点から天地創造や進化を支配することになり、このようなゲームはやはりキリスト教圏ならではのものだと思います。またディズニーシーにはストームライダーという台風制御のアトラクションがありますが、欧米ではこのようなエンターテインメントを通じて、人間が自然を制御するという価値観が浸透しているように思います。このようなものが気候工学に関する世論の形成に与える影響なども考察したいです。

 また発表した内容を修正して論文にする予定ですが、どこに投稿するのかもいろいろ考えています。発表した学会に投稿するのが一般的ですが、やはり海外の気候工学研究に関する論文の募集に応募したほうがより専門的にこの問題に取り組んでいる人に読んでもらえるでしょう。例えばIASS (Institute for Advanced Sustainability Studies)という学会が6月にドイツで、気候工学と宗教、精神的見解に関するワークショップを行っているので、そのようなテーマの論文の募集を探しています。

 あと気候工学、特にSRMの硫酸エアロゾル散布についての理解を深めるため、専門書や論文をいくつか読む予定です。できることなら大学の授業や研究室に潜り込んで本格的に勉強したいのですが、僕の勤める大学では地球物理や気候科学の講座はないため、独学となりますががんばります。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。