FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地球の論点-現実的な環境主義者のマニフェスト』を読んで


地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト
(2011/06/15)
スチュアート ブランド

商品詳細を見る


 スティーブ・ジョブズが講演で引用した言葉、”Stay hungry, Stay Foolish”が書かれていた伝説の雑誌Whole Earth Catalogの編集者スチュワート・ブランドの『地球の論点-現実的な環境主義者のマニフェスト』(原題Whole Earth Discipline)の気候、エネルギー、気候工学に関する章を読んだので、それについて。

 Whole Earth Catalogは60~70年代にヒッピーたちのバイブルであり、ブランドもまた産業やテクノロジーに反発する自然志向の環境保護論者でした。しかしこの本で気候変動への対抗策として挙げられているのは、都市化、遺伝子組み換え、原子力、気候工学など一般の環境保護論者がこぞって反対しているものだらけです。しかし彼は差し迫る気候変動のもたらす影響を前に、これらのテクノロジーの利点と問題点を厳正に天秤にかけてこれらを推進するべしと結論します。

 エネルギーを例にとってみましょう。今多くの(特に日本の)環境保護論者の意見では、原子力から再生可能エネルギーへ移行すべきだという点で一致しているでしょう。『地球の論点』p.23~25のデータによると、今世界で使われている電力は約16テラワット。大気中の二酸化炭素濃度を気温上昇がティッピング・ポイントを超えない450ppmまでに抑えるためには、風力、太陽電池、太陽熱、地熱、バイオ燃料それぞれ2テラワットづつ2×5=10テラワット、原子力で3テラワットで合計13テラワットを非化石燃料で賄う必要があります。そのためには例えば「15%の利用効率を持った一〇〇平方メートルの太陽電池パネルを、毎秒一台、二五年間、休まずに作り続けなければならない」(p.24)など、莫大な規模のインフラを、短期間で作り上げなければなりません。そして13テラワットの発電に必要な面積はアメリカ1つ分です。原子炉はほかの設備と比較してごくわずかな場所しかとらないので無視すると、もし16テラワットの電力をすべて再生可能エネルギーで賄うなら、アメリカ1.6個分の土地を手放さなくてはなりません。

 また原子力に関しても、その実情を視察、研究してから、かつて原子力に反対していたことを愚かだったと認め、現在は推進を主張しています。その理由として石炭火力発電の莫大な温室効果ガス、火力や再生可能エネルギーのフットプリント(景観上に残す足跡。これらは広大な面積を必要とする)、放射能の影響の過大評価、第四世代原子炉の開発などを挙げています。特にトリウム溶融塩炉を高く評価していて、ある論文を引用しそのメリットは「従来のように地中深い場所で稼働させる必要はなくなるし、濃縮過程も不要になるし、使用済み燃料の処理も不必要、再利用や廃棄物の貯留施設も不要だ。原子炉自身が、堅牢な埋葬容器になるのだから」(p.163~64)と書いています。

 最終章では著者はノーベル化学賞受賞者で気候工学の推進者であるポール・クルッツェンの提唱する現在の地質年代(白亜紀とかジュラ紀みたいなもの)「アンスロポシーン(Anthropocene, 人類世)」を引用し、人間が大気や生態系に消えることのない変化をもたらした時代において、それを修復するための気候工学などの手段について論じています。そしてグリーン派がかつての共産主義者のように時代遅れになり忘れ去られないために、グリーンに科学とテクノロジーのブルーを混ぜた、ターコイズ派の活躍を期待しています。最後に印象的な結びの言葉を。

「エコロジーのバランスはきわめて大切だ。センチメンタルな感情で語るべきものではなく、科学の力を借りなければならない。自然というインフラの状況は、これまで成り行きに任されっぱなしだった。これからは、エンジニアの力を借りて、修復していかなければならない」(p.435)

 理路整然としていて、まさに「現実的な環境主義者」が大きなヴィジョンに基づいて書いた、人間、産業も含めた地球の生態系の包括的なデザインといえる本でした。テクノロジーによる世界変革を夢見たかつてのヒッピー、ジョブズが心酔した人物の入魂の力作です。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

一番の問題は、現場の施工技術

単純な世間の吹聴として、「原子力反対!」は、安易で無責任で、こう言った「現実的な」科学者さんが出て来て下さるのは、非常に有り難いです。

が。
「一流の設計を具現化する、現場の技術」が足りませんよね?

今回の原発問題も、「設計は一級だか、施工現場の作業員が設計レベルに付いていけなかった」という話が出ました。ネットだけかな? きちんと報道はされていないかと。

これを聞いて、「ああ、確かに」と思いました。建設会社に勤めていましたが、「一級の施工技術者」として、資格を有しているような方は、現場監督的な立場で、実際の作業はしない場合が殆どです。本社との事務作業、元請けの相手。

実際に現場作業をされてる方は、そんなハイレベルな技術を具現化出来る域にありません。

学者・識者ばかりが、一級では、一級の原子炉は無理です。どんな一流の設計をしたところで、出来上がるのは「欠陥原子炉」です。

やはり、大熊様がおっしゃる通り、とにかく、使用電力を減らす生活を考えねば。

電磁波を浴び続ける現代生活が、ガンという病気をいっそう増やしているのも現実なのですから。

No title

原子力にかかわる人材の人数および知識が減少傾向にあるのは非常に危険です。必要以上に恐怖をあおる人たちは、そのために原子炉で作業する人がいなくなると、自分たちの首を絞めていることになると気づかないのでしょうか。

僕の勤める大学でも、原子力専攻の学生の減少が問題となっています。周囲からの風当たりも激しいでしょう。原子核物理専攻だった僕も心苦しいです(ある外国人講師は、原子核専攻の学生に自然エネルギーについて発表させたとか)。

あと、電磁波の発がん性は、ガソリンやコーヒーと同じぐらいの「あるかもしれない」程度の低レベルです。

あるかもしれない?

そうなんですか?
「そのレベル」なんですか?
今後、科学者の方々が認識してらっしゃる以上の弊害が発見されるという可能性は無いのですか???

少なくとも、私には危険な存在です。
電磁波過敏症で、大変な思いをしています。

昔は、電磁波過敏の方は、「精神疾患では?」と、公式の場で発表された事もあるらしいです。

私は、電磁波過敏による体調不良で、病院に行き、「統合失調症」と誤診され、8年半の投薬を受け、人生を無茶苦茶にされました。

正社員できちんと自活出来ていた人間を働けない身体にしてくれたのですから、立派な医療被害です。
まぁ、それは今回の記事には関係ない事ですが。

私は、ガソリンも、臭いだけでダメですけどね。
長年の誤診投薬で、科学物質過敏になりました。
風邪薬も飲めません。

コーヒーは週に二回程度?
コーヒーは自然界に存在する、天然の物質ですから。

現状、電磁波による体調不良が一番辛いです。

少なくとも、電磁波に弱い体質の人間にとっては、害のある存在です。
自分では気付かないけれど、電磁波に弱い、という方も多い。
「キレやすい子供」の原因の一つ、とも考えられている。

こう申し上げては何ですが、
その筋の専門家の方、って、他の分野に関しては素人、という場合が多いですよね?
「その筋の博士号」を取得していようとも。

どんな事象も、「現在の科学レベルではこう判断する」としか言い切れません。

そうして、数多の既成概念が覆り、人類は進歩して来ました。
今の科学でさえ、それは起こるでしょう。

100年・200年、1000年・2000年後、どうなっているかは、今を生きている私達には解りません。
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。