FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+3℃の炭素収支: FoW 3 Degreesをプレイして

 環境政策ゲームFate of the Worldの最も現実に即したシナリオ、3 Degreesがクリアできません。成功したプレイ動画を観てみても、大量のエアロゾル散布で強制的に気温を下げているものぐらいしかなく、それ以外では生物兵器で人口を減らさないと3℃以下は達成不可能という意見もネット上でみられます。

プレイ動画。これをアップロードした人は、一回失敗しています。


 
 このシナリオ以外でも、勝利条件が気温上昇を3℃以下に抑えるとなっている物が多いですが、この3度という温度は非常に重要です。僕の買ったヴァージョンの正式名称はFate of the World: Tipping Pointというのですが、このTipping Point、つまりシステムにおいてある値を超えると変化が急加速し、それ以降は以前の状態に戻すことが非常に困難な閾値が、気候システムにおいて+3度と言われることが多いからです(+2℃とする人もいますが、それはもう達成不可能と考える人が多くなっているようです)。

 FoWにおいて、+3度前後で発生する大きな変化は、アマゾンの熱帯雨林の崩壊(+2.8度ぐらい)と、北極圏メタンの放出が ”an unstoppable force” になること(+3度)ですが、この2つが発生してしまうと、人間の化石燃料燃焼による二酸化炭素をほぼゼロにしても、大気中の温室効果ガス濃度は減りませんでした。またこの2つは不可逆な変化で、一度発生すると気温を3℃以下に下げても止まりません。ゲームではアマゾンは最大で年間約80億トンの二酸化炭素放出源(現在の中国、アメリカの排出量より多い)となりましたが、実際はどのぐらいになるのでしょうか。

 Woods Hole Research Center のDaniel C. Nepstad博士によるWWFのレポート、Amazon’s Vicious Cycles: Drought and Fire in the Greenhouse によると、アマゾンの熱帯雨林消失によって発生する二酸化炭素は2030年まで555億トンから969億トン、年平均だと約33~57億トンとなります。

また北極圏からのメタンを二酸化炭素に換算したものは、2011年12月にNatureに掲載されたフロリダ大学准教授Edward Schuurらの論文 ”High Risk of Permafrost Thaw” によると、2100年までに北極圏から排出されるメタンを二酸化炭素に換算して3800億トン。これは年平均で約44億トンとなります。

これにインドネシアの泥炭火災等から排出されている年約20億トンと、人間の化石燃料燃焼による排出量をx、海洋と森林が吸収できる量を年間110億トンとして炭素収支を計算すると、大気中の二酸化炭素濃度を増やさないための条件は以下のようになります。

アマゾンからの排出が33億トンの場合:110-(33+44+20+x)>0 よって x<13
アマゾンからの排出が57億トンの場合:110-(57+44+20+x)>0 よって x<-11

 最も少ない33億トンの場合、二酸化炭素を増やさないためには2012年時点での世界排出量316億トンを13億トンにまで減らさなければなりません。これは日本1国の排出量とほぼ同じです。また最も多い57億トンだったら、世界の排出量はマイナス、つまり排出した以上の二酸化炭素を吸収しなければなりません。CCSのような技術はまだ大規模には運用されておらず、森林面積も減少している状態では不可能なことです。

いずれにせよ、+3℃のティッピング・ポイントを超えてしまうと、気温上昇を止めることは何をやっても手遅れとなる可能性が高いと思われます。+3℃は今の文明を守るための「最終防衛ライン」と考え、それを超えないためには気候工学も含むあらゆる手段を早急に検討するべきです。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。

「なに、この無理ゲー」と思わず呟くレベルですね(笑)。
ただ、3℃という 閾値が実感としてとしてわかるというのは凄いですね。

前回の記事でも、ここまでしないとクリアできないのかとおどろきましたが・・・

体調の方も良いみたいで安心しました。

No title

ほんと、これ禁じ手なしでクリアした例があったら見てみたい。
あと裏ワザに、宇宙開発を極限まで進めて、人間の冷凍受精卵を他の恒星まで飛ばせばどんな条件でも勝利になります。
けど、本当に勝利と言えるのか?
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。