スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭前の京都で読む『宵山万華鏡』


宵山万華鏡 (集英社文庫)宵山万華鏡 (集英社文庫)
(2012/06/26)
森見 登美彦

商品詳細を見る


 確かジェイムズ・ジョイスの翻訳で有名な柳瀬尚紀の本に、最も贅沢な小説の読み方は、その本が書かれた土地で読むことだと書かれていました。例えばジョイスの『ユリシーズ』なら、Bloom’s Dayと呼ばれる作品で描かれる6月16日のダブリンで、パブでギネスを飲みながら読むのが最高の贅沢であり、現にこの日はダブリンに世界中のジョイスファンや研究者が集まります。

 先日ちょっとした用事で日帰りで京都に行くことになり、もうすぐ祇園祭ということでちょうど読みかけだった森見登美彦の連作短編集『宵山万華鏡』を持っていきました。森見登美彦は以前は読まず嫌いをしていた作家の一人でした。京都の大学で非モテのぐだぐだな学生生活を送る学生を主人公にした作品が多く、同じような境遇の身としては、身内の恥をさらして作品にしているように見えて近親憎悪的のようなものを感じていたからです。しかしちょうど1年ほど前、友人が『宵山万華鏡』を読んでいるのを見て、祇園祭と京都のことが懐かしくなり、『夜は短し恋せよ乙女』などの初期作品を読んでみると、風俗描写やマジックリアリズム的イマジネーションが一流なだけでなく、作品の構成力や古典を愛読していることがわかるしっかりとした文体など、学生以外に人気があるのもうなずける内容でした。

 『宵山万華鏡』は祇園祭のクライマックス、宵山の一夜を舞台にした6つの連作です。万華鏡の形を模してか2つの短編がペアになる2×3の構成となっていて、3つの出来事がそれぞれ2つずつの視点から描かれます。3つの物語は登場順に、宵山の雑踏ではぐれてしまった姉妹の話、異形の者たちが跋扈する祇園祭の闇にとらわれた男の話、15年前の宵山の雑踏に姿を消した娘を追って、宵山の夜を何回も繰り返す画家の話で、それぞれの物語が複雑に絡み合い、いくつかの中心的なモチーフ(人ごみを駆け抜けていく赤い浴衣の少女たちなど)が繋ぎ止めている様子はまさに万華鏡のようです。また『夜は短し~』のエピソードの一つ、ゲリラ演劇『偏屈王』の関係者が登場する抱腹絶倒の物語もあれば、短編集『きつねのはなし』のように京都という街の闇を掘り下げた、底知れぬ不気味さをたたえた物語もあり、作者の作風の幅の広さを感じさせるものでした。

 京都での用事が終わった夕方から、三条河原町のドーナツで有名な老舗喫茶店でこの短編集を読んでいると、あと数日で始まる祇園祭(クライマックスは宵山と17日の山鉾巡航ですが、祇園祭自体は7月の1か月間を通して行われます)の、京都という街がさらに一歩非現実的空間に近づく季節の空気を味わえたと思います。7月の京都を訪れることのできる幸運な人は、ぜひこの短編集を持っていくことをお勧めします。

P.S. ちなみに祇園祭の鉾を引いているのは大部分が学生バイトで、僕も大学1回生の時にやったことがあります(給料安かった)。現実に引き戻して申し訳ない。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ビル・ゲイツと気候工学

 マイクロソフト会長で世界有数の大富豪であるビル・ゲイツは、現在途上国の病気や貧困問題の解決のためのビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の活動に主に携わっていますが、彼が気候工学の支持者であることはあまり知られていません。Gurdian紙の記事によると、http://www.guardian.co.uk/environment/2010/may/14/bill-gates-cloud-whitening-dangerous  彼はcloud whitening (雲の増白)と呼ばれる技術の研究のため$300,000の資金をSilver Liningというアメリカに本拠を置く団体に寄付し、実験を後押ししています。

 また最近NHKでも放送されている多くの世界的著名人も出演しているプレゼンテーション、TED (Technology Entertainment Design) で2010年にエネルギー問題についての講演をしていますが、その中で全く新しいタイプの原子炉などの解決策とともに、24分ごろから気候工学の「20年か30年の時間的猶予」を与えてくれる「保険」としての役割について語っています http://www.ted.com/talks/bill_gates.html 。さすがにIT界の巨人、わかりやすくユーモアに富んだプレゼンテーションは一流で、英語も聞きやすいのでぜひ観てください(字幕付き)。

 ゲイツの気候工学への支援に対して批判的な意見も多いですが、実際に実施するかは置いても将来の気候変動対策における一つの選択肢として気候工学の研究は不可欠と思えます。そのリスクについて心配する人も多いですが、これを行わない場合に生じる可能性がある被害(人的、経済的、生態学的)を可能な限り定量的に評価し、それと比較しないと意味がありません。十分な知識もなしに新しい技術を批判することは、思考停止にほかなりません。

 またゲイツと並ぶもう一人の巨人、アップルの故スティーブ・ジョブズ(僕の病気はジョブズが患っていた膵内分泌腫瘍とよく似ています)がスタンフォード大の卒業式で行った有名なスピーチで引用した “Stay hungry. Stay foolish” という言葉は、彼が愛読したアメリカの作家、環境活動家スチュワート・ブランドが1968年に創刊したWhole Earth Catalogue という雑誌から取られています。そしてブランドはWhole Earth Discipline (『地球の論点--現実的な環境主義者のマニフェスト』)という本で気候工学の推進を主張しています(残念ながらまだ未読)。ジョブズは気候工学についてどのような意見を持っていたのでしょうか。


地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト
(2011/06/15)
スチュアート ブランド

商品詳細を見る


ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

ジャケットスタイルで自転車通勤

 自転車ツーキニストという変な造語もできるぐらい、クロスバイクやロードバイクなどスポーツ用の自転車で通勤することがブームになっています。しかし、職種によっては仕事中の服装との兼ね合いからいろいろと問題点が生じてきます。僕の職場では服装はほぼ自由なのですが、やはりスーツまでは学会等以外で着ることは少ないですが、大体授業のある日はジャケットとスラックスという服装が多いです。鞄、靴もそれに合わせてブリーフケースとレザーソールのドレスシューズにすると、以下の点が問題になります。

・スポーツ車にはふつうカゴがついていないので、ブリーフケースを載せられない。
・レザーソールの靴底を、ペダルのギザギザの部分が痛めてしまう。
・スラックスの裾がチェーンのオイルで汚れる。

 こういった問題点のため、自転車通勤をあきらめている人も多いのではないでしょうか。しかし、この問題は簡単に解決することができます。

 まず鞄の問題ですが、ダサいカゴをつけなくてもフロントキャリアーという荷物載せはほとんどの自転車につけることができます。それにフックの付いたゴムひも(僕はダイソーで買いました)を使えば、ブリーフケースも簡単に載せることができます。

2013-06-25 112021

これでも安定しない場合は、鞄の持ち手をアウトドア用品の店で買ったベルトで固定します。ちなみに鞄はイタリアのZanellato。10年ほど使うと、最高にいい艶が出てくるそうです。

 フロントキャリアーを使わず、ショルダーバッグやデイパック、または2wayのブリーフケースなど、肩に掛けるタイプの鞄を使うことは、ジャケットの肩を痛めるので勧められませんが、どうしてもそちらを使いたいという人は、こういったジャケットにする選択肢もあります。

2013-06-25 163115

イギリス人デザイナーで一番人気のNigel Cabournの定番、マロリージャケット。1924年にエベレスト登頂を試み、行方不明になったイギリス人登山家ジョージ・マロリー(「そこに山があるから」の名言を残した人です)が登頂時に着ていたジャケットをベースにしたモデル。秋冬物はハリスツイードですが、これは春夏物でカットソー素材で、肩と肘をキャンバスで補強してあります(薀蓄、乙)。

 次に靴の問題ですが、スポーツ車のギザギザのペダルからゴムのついたフラットなものに代えればレザーソールを痛めません。

2013-06-25 162711

交換には大きめのスパナなどが必要ですが、割と簡単にできます。

 最後に裾の問題です。クロップトパンツをはけばまったく問題はないですが、職種によって難しいでしょう。裾を留めるストラップを使うのがポピュラーですが、やはりジャケットスタイルではレザーの上質なものを使いたいです。僕はサドルの名門Brooksのこれを使っています。


ブルックス トラウザーストラップ A.Brownブルックス トラウザーストラップ A.Brown
()
BROOKS(ブルックス)

商品詳細を見る


裾が汚れるのは右足だけなので、一つで十分ですよ(『ブレードランナー』の屋台のおやじ風に)。両足につけると、『とある魔術の~』の一方通行(アクセラレータ)さんになってしまいます(「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!」)。

 このように、少しの工夫でいつものジャケット+スラックス+ブリーフケース+ドレスシューズのスタイルで、自転車通勤をすることは簡単です。また最近はPEdALEDやNarifuriなどファッションと自転車の融合を図るブランドが、自転車通勤用のスーツやジャケットを作っていて、外見は普通のジャケットなどと変わらないのにストレッチ性や通気性がスポーツウェア並みの優れた製品が生まれています。こちらのサイト、Tokyo Lifeで多く取り扱っていますhttp://www.tokyolife.co.jp/tokyowheels/

 洋服好きにとって自転車は自動車よりはるかに魅力的な乗り物です。どんないい自動車に乗っていても、乗っている人は顔ぐらいしか見えませんが、自転車はその人がどのような服装で乗っているかが丸わかりです。自転車×ファッションの最高の例はイギリスから始まり、世界中に広まっているツイードの服を着てクラシックな自転車に乗るムーブメント「ツイードラン」です(以下のサイトを参照 http://tweedrun.com/ )。今の時期なら、シアサッカーや麻のジャケットを風にそよがせて自転車で通勤すれば、周りの羨望のまなざしを浴びることでしょう。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

LCAについての講演会に行ってきました

 今日は午前中、僕の勤めている大学で開催された、同じ県の工業大学の先生によるLCA (Life Cycle Assessment、製品やサービスの環境負荷の評価)の講演会に行ってきました。会場の講義室が、僕が授業でよく使う講義室の向かいにある同じ形状の部屋だったため、いつもとは逆の視点から講義室を見ることになり、ちょっと不思議な気分でした。数十人ほどの人が参加していて(大部分は60歳以上みたいでしたが)、講演後の質疑応答も活気がありました。

 キーワードになるのはやはり「定量化」という言葉でした。僕も以前に書いたとおり、環境への負荷を減らすにはその行為のメリットとデメリットを定量化することが不可欠です。講演では例えばレジ袋とエコバッグを例にとり、レジ袋1枚の製造で26.0g、エコバッグ1枚では854.0gの二酸化炭素が発生するので、エコバッグは854/26≒33回以上使って初めて環境負荷を減らすことができるというように、具体例をあげて詳しく説明されていて、参考になりました。

 しかし疑問に思った点もあります。講演では雨水の活用を勧められていて、雨水を集める装置の製作に約14.7kg、1年間に削減できる水道水からの二酸化炭素約1.05kgと計算されていましたが、年に約1kgというのは水道水活用のための労力(装置を作る、雨水のうち利用できない部分を捨てる、雨水を輸送するなど)で得られる成果としてあまりにも少なすぎます。日本人が家庭(自動車からも含む)から排出している年2,200kgと比較すると、誤差の範囲でしょう。また二酸化炭素1kgは平均的燃費の自動車を10分ほど運転した場合の排出量と同じです。先生は雨水利用には災害時の備えのためなど、温室効果ガス削減以外の利点があるとおっしゃっていましたが、LCA的な利点よりそちらのほうを強調されたほうがよかったように思えます。

 講演終了後、先生のもとにあいさつに伺い、航空温室効果ガスについて大学や学会、NPOに送っている資料を受け取っていただきました。どうもありがとうございます。僕は今まで大学や学会での自分の立場を考えて、この問題について広めることは少しセーブしてきました。学会出席のため飛行機が使えなくなることに反発する大学教職員は多いはずだからです(事実、黙殺だけならまだしもいやな目にあったこともあります)。しかしもう医師から余命を宣告されている身(むろん、その通りに死ぬつもりは全くありませんが)。怖いものは何もありません。これからは大学の航空排出についても、遠慮なく問題を提起していくつもりです。

( ゚Д゚)< 言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~ポイズン~♪

"POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~/If you love me,don’t for"
(1998/07/29)
反町隆史

商品詳細を見る


ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

映画『太陽の少年』と京都の梅雨明け


太陽の少年 [DVD]太陽の少年 [DVD]
(2004/02/26)
チアン・ウェン、シア・ユイ 他

商品詳細を見る
 

 人生の大部分を学校で過ごしてきたからか、夏休みという学生の特権である長期休暇がある夏は、教師になってからも特別な季節です。大学での僕の部屋は工学部にあり、夏休みでも結構学生は研究室にいたりするのですが、それでも閑散とした構内を歩いていると、自分の大学時代の夏休みを思い出したりします。僕がまだ理学部の学生だった頃は、前期試験が7月20日ほどで終わってそれから夏休みが始まったと記憶しています。京都において、ちょうどこの時期には7月17日の祇園祭のクライマックス、山鉾巡航があります。そして大体その前後に、毎年のように豪雨となりその後梅雨明けになることが多いです。

 学生時代のある夏、鬱陶しい梅雨がなかなか明けなかった7月の雨の日のことでした。僕はある中国の映画を観るために、大学からバスで1時間近くかかる京都駅の南のほうにあるミニシアターに来ていました。そこはパチンコ屋の2階にあり、古い名作や変わった映画をよく上映しているため、時間はかかりますがよく通っていた所でした。平日の3時頃だったので観客は少なく、僕の他には確か数人の若い男女と1人の中年男性のグループ(大学生と引率の先生?)がいたことを覚えています。

 映画はチアン・ウエン監督『太陽の少年』。70年代初頭の文化大革命下の北京では、大人たちは政治論争、青年たちは農村に送られ、街は自由を手に入れた少年たちのものでした。不良グループの一員である主人公は、合鍵で人の家に忍び込んだときちょっとぽっちゃりした年上の美少女の写真を見つけますが、後日街で彼女本人と出会い、しきりにアプローチを繰り返します。彼女は結局少年の兄貴分の恋人となり、彼はグループの中で孤立していくのですが、この映画が単なる青春映画にとどまらないのは、このひと夏の出来事がそれから20年後、大人になった主人公の視点からおぼろげな記憶として描かれることです。

 主人公のモノローグ、「記憶が私をもてあそび、時には裏切るのです。自分でも混乱し、虚実が分らない」の通り、物語は現実と虚構の間で揺らぎ続けます。対立する不良グループとの激しい抗争や、豪雨の中での告白と抱擁。しかし、この鮮烈な出来事は果たして本当に起こったことだろうか?それとも中年になった主人公のノスタルジーが生み出した幻想にすぎないのだろうか?この揺らぎは単なる感傷に陥ることなく、観客を甘美な宙吊りの状態にとどめたまま、夏の終わりを象徴するようなクライマックスへと進んでいきます。

 そしてもう一つ特筆すべきは映像の鮮烈さです。淀川長治がこの映画を「ザクロを踏みにじったごとき」と評していましたが、ぎらつく太陽にさらされた、むせかえるような屋外のシーンだけでなく、照明のない室内に注ぎ込む柔らかな光(ビクトル・エリセの映画を連想したのを覚えています)、深い夜の闇など、映画は光の芸術であることを再確認させてくれます。そして圧巻は、プールの高飛び込み台から飛び降り、おぼれそうになっている主人公をプールサイドに集まったかつての友人たちが、何度も何度も水の中に蹴り落とす場面。光と水のきらめきを、躍動感のあるカメラワークで表現しています。BGMのマスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』とも見事に調和していて、今までに観た映画の中でも忘れられないシーンの一つです。

 冷房の効いた映画館を出ると、分厚い雲で覆われていた空はところどころ晴れあがっていて、アスファルトにできた大きな水たまりは、夕方の太陽に照らされて輝きむっとするような湿気が立ち上っていました。どうやら映画の間に梅雨の終わりを告げる大雨が降り、そして止んだようです。映画館の前のバス停に立つ僕には観たばかりの素晴らしい映画の記憶と、まさに今始まったばかりの、手つかずの夏が残されていました。

P.S. これ書いたら、祇園祭の宵山の夜に3人しかいない映画館で、ヴィスコンティ―の『地獄に堕ちた勇者ども』を観た黒歴史がよみがえってきた(´;ω;`)。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

6月18日の血液検査の結果と血小板を増やす食事

 今日はジェムザールのみの化学療法が始まってから3週間目の通院日。血液検査の結果、好中球が少ないものの何とか受けることができました。以前ジェムザールとTS-1を併用していた時は、白血球の減少が激しく受けられないことも多かったため、1週当たり平均すると40(単位は忘れました)ほどしか投与できませんでした。しかし今回の調子で続ければ3週間の100ずつの投与と旧約機関ではなく(しつこい)休薬期間1週間の4週間=1クールで1週平均75を受けられることになります。以前病気の進行を食い止めていたのはジェムザールの力が大きかったようなので、それを約2倍受けられるなら大きな効果が得られるのではと期待しています。

 実は先週、血小板の数値が下がっていたために今回は受けられない可能性があったのですが、1週間ほど血小板を増やす食べ物を意識的に食べていたところ、血小板の数字が87から93まで増加していました(70を切ると、化学療法が受けられない)。白血球や血小板を増やす食事というのは科学的根拠に乏しいといって病院で勧められるということはあまりないと思いますが、現に白血球を増やすと言われるバナナを1日一本食べるようになったころから白血球の値は増加していて、今回も血小板が増加したので、試してみる価値はあると思います。血小板を増やすといわれる食べ物はビタミンKを含むもので、納豆、トマト、蕎麦、抹茶などがあります。納豆はあまり好きではありませんが、食べられないほどではないので毎朝1個ずつ食べています。
 
 またがん細胞を攻撃するNK細胞を10%以上活性化するとの研究結果が出た、弘前大学元准教授の開発した「医果同源」という、未熟果実入りリンゴジュースも注文しました。少し高いですが、これも効果を期待しています(アフィリエイト、乙)。

医果同源りんご機能研究所 医果同源リンゴジュース 12本入り医果同源りんご機能研究所 医果同源リンゴジュース 12本入り
()
医果同源りんご機能研究所

商品詳細を見る

すべて効果には個人差があるので、自己責任の上でお願いします。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

2013年9月の北極海氷面積予想

 北極海氷についての情報を発信しているArctic Sea Ice Blogが、多くの科学者などに今年9月の北極海氷面積の平均値を帰納的手法、モデリング、統計などで予想してもらい、その予想を発表しています。http://neven1.typepad.com/blog/2013/06/crowd-source-prediction-of-mean-september-sea-ice-july-update.html#more グラフは引用許可をいただいています。

6a0133f03a1e37970b01910358047d970c.png

中央値は約300万平方キロで、去年の9月16日に記録された341万平方キロを下回っています。IQRはInterquatile range、四分位値で、データの1/2がこの範囲に収まることを示しています。この予想は9月の平均値なので、最少面積はそれより低いことを考えると、270~80万ぐらいになるのではないでしょうか。

 もちろんこれはあくまでも予想ですが、北極海氷の減少が科学者の予想を超えて進行してきたことを考えると、これより悪くなることも十分に考えられます。また今年は、大幅な減少を記録した2007年のように、6月に海氷の中央部あたりで大きな亀裂が生じていることも気になります。ドイツのブレーメン大学が公開しているSea Ice Mapsを見ると、それがよくわかります。http://iup.physik.uni-bremen.de:8084/amsr2/

 海氷面積は体積と比較すると人工衛星で正確に測定できるので、北極圏の気候変動の指標として重要なものです。海氷が消滅してから対策を始めては遅すぎます。本当に今のような、結果を出せない温室効果ガス削減の対策だけでいいのか国際的に検討する必要があると思います。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

6月13日 もし一度だけヨーロッパに行けたら

 僕が検査の結果、病気であることを知らされてからおよそ1年が経ちました。健康診断で肝臓の検査値が悪く、CTの検査を受けたことによってわかったのですが、病院から連絡を受ける2日前(6月16日でした。Blooms day!)に、そのようなことは夢にも思わず友人とバーで飲みながら、将来の旅行の計画を立てていました。

 僕は中学二年生(厨二病、乙!)の時に熱力学第二法則(物理的状態は常に秩序だった状態から無秩序に移行する。利用可能なエネルギーの量は常に減少する)を知って以来、石油を燃やす非効率的な乗り物は極力利用しないようにしていました。しかし1年前の僕にとってはもうそんなことはどうでもよく、これからは好きなだけ飛行機で海外旅行をして、大きな望遠鏡を運べるように自動車の免許も取り、エネルギーも気候変動のことも忘れて自分の好きなことをしようと思っていました。

 ちょうどその時のことを思い出したので、話していた旅行の計画のことを書いてみたいと思います。ですが、それぞれ個別に行ってしまえば二酸化炭素換算で数十トンの温室効果ガスが排出されるので、1回のヨーロッパ旅行で北から南に鉄道を利用して周ることを考えます。

・ドストエフスキー『白夜』のように、白夜のサンクトぺテルブルグで恋人の帰りを待つ美少女と出会いたい。
・チェコでヤン・シュヴァンクマイエルの映画のようなシュールな人形劇を観たい。
・ドイツの戦車博物館で、ジョジョのシュトロハイム大佐のように敬礼をして『わがドイツの科学技術は世界一ィィィィィ』と叫びたい(捕まります)。
・ゴダール『はなればなれに』で出てくるルーブル美術館一周の世界記録9分43秒を更新したい(これも捕まります)。
・ジュネーブのCERN(欧州原子核研究機構)で研究している大学時代の友人に頼み込んで、LHC(Large Hadron Collider、世界最大の加速器)の内部を見せてもらいたい。
・南仏にある郵便配達夫が一人で33年間かけて作り上げた「理想宮」を見てみたい。
・イタリアの作家チェーザレ・パヴェーゼが自殺した、トリノ駅前のホテルに泊まりたい。
・フィレンツェで開催される世界最大のメンズファッション見本市、ピッティ・ウオモに集まる世界中のファッション業界人を眺めたい。

 最初と最後だけ飛行機を使えば、その分の排出量は東京→モスクワで2253kg、フィレンツェ→東京で3053kg、合計5306kgなので、一生に一回ぐらいなら許容できる量と思います。もし健康状態、お金、時間が許せば、いつかこんな旅行をしてみたいです。

P.S. 前に41冊の本について書いたとき、最後の1冊が決まらなかったのですが、この文章を書いていてこれにしようと決めました。

郵便配達夫シュヴァルの理想宮 (河出文庫)郵便配達夫シュヴァルの理想宮 (河出文庫)
(2001/08)
岡谷 公二

商品詳細を見る

学会発表が決まりました

 以前応募していた、日本の現代文学における気候、気象改変に関する学会発表をさせてもらうことが、正式発表はまだですが決定しました。人間が気候、気象に介入するという行為が物語の中でどのように扱われてきたかを研究することで、将来気候工学実施の是非に関する議論に、わずかではありますが貢献したいと思います。

 これから本格的に発表の準備をしないといけないため、ブログ更新が以前より少なくなるかもしれません。できるだけ続けていくので、よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

ファッションの低炭素化:トレンドは効率よくピンポイントで

 衣、食、住、交通など生活から出る温室効果ガスの削減の中で、最も関心が払われていないのが衣の分野でしょう。以前にも書いた通り、衣料品の生産、廃棄等にはそこまで多くのエネルギーを消費しないので、見過ごされているかもしれません。しかし大量の削減が見込めないとはいえ、ここにも温室効果ガス削減のチャンスはあります。

 衣の分野の削減においてネックになるのは、流行の変化のためにまだ耐用年数が過ぎていないものを買い替えることがあることでしょう。メンズにおいてはこれはベーシックで上質なものをワードローブの中心にすることで、ある程度回避できます。しかしそのシーズンの流行を押さえるために、ワンシーズンしか着ないようなものを買うこともあるでしょう。それにより、どのぐらいの温室効果ガスが排出されるのでしょうか。

 例えば2013年春夏のメンズのトレンドは「色と柄」で、多くのショップがカラフルな色や派手目のプリントの服を展開しています。特に「大柄チェックのジャケット」、「花柄プリントのシャツ」、「ヴィヴィッドカラーのパンツ」は雑誌等でも今年の必須アイテムとして注目されています。

 ここで重要なことは、少なくともメンズのスタイルにおいては着ている服のすべてを流行の物にする必要がない、むしろしてはいけないということです。ためしにさっき挙げた3つをすべて一緒に着てしまうと、とんでもない格好になります。メンズにおいてはベーシックな物(春夏ならネイビーやベージュのジャケット、グレーや白のスラックス、白やブルーのシャツなど)にトレンドの物を1~2点組み合わせるほうが、洗練された「玄人っぽい」服装になります。

 よって流行の物は少しだけ、例えば今季はさっきの3つを一つずつで構いません。その場合、ジャケットからの二酸化炭素約6kgから推測すると、今季の流行のために排出される温室効果ガスは10kg程度になるでしょう。これは1年の生活排出量約2200kgや、交通排出量等と比較すると無視できる量です。

 僕が今季流行に合わせて買ったものは、大柄のチェックジャケットは持っていたのでプリントシャツとカラーパンツの2つですが、それを使ってスタイリングしてみましょう。セレクトショップ nano universe オリジナルのリバティープリントを使ったシャツ(日本製。セールで半額)と、イタリアのブランド Basicon のクロップト・カラーパンツ(イタリア製なのに1万円未満。ポイント等ついたので実質7000円程度)です。

2013-06-07 202834

プリントの物は派手になるので、カーディガンを使って面積を少なめに。カーディガンは three dots のカットソー素材の物です。

644405_187589554724627_2087996471_n.jpg

カラーパンツはそれ以外の服をベーシックな色で統一すれば、派手になりすぎません。カットソージャケットの元祖、8010 Gekko のダブルジャケットは特殊な鹿の子を使っているので、夏でも涼しいです。

2013-06-08 173217

 シャツとパンツ、トータルで13000円ほど、二酸化炭素排出量はおそらく5kg以内で今季のトレンドに合わせたスタイリングができました。ベーシックなアイテムを中心として、トレンドの物を少し取り入れるというスタイルは、環境への負担はほとんどありません。いくら持続可能な低炭素社会が実現できても、次のシーズンの流行がない社会など、新しい小説や映画、CDなどが発売されない社会と同じぐらい非人間的なものです。ファッションと環境は両立可能であることをもっと多くの人に知ってもらいたいです。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

2013年5月の北極海氷

 ワシントン大PIOMASの、北極海氷体積の推定値が更新されました。画像は以下のサイト Arctic Sea Ice からの物です(掲載許可をいただいています)http://neven1.typepad.com/blog/2013/06/piomas-june-2013.html 

6a0133f03a1e37970b01901d0279ed970b.png

赤い線が2013年現在の推定値ですが、大幅な減少を記録した去年より少し高い値になっています。北極圏では今年の冬に低温状態が続いたため、海氷が回復傾向にありましたが、気温が上昇した現在でもその時回復した分が残っているのでしょう。しかし、PIOMASの推定値には大幅な誤差が含まれる可能性があることを考えると、楽観視はできません。海氷融解の時期は始まったばかりなので、これから4か月近くはその状態を注視していく必要があります。

 もう一つ気になるのは、北緯85度と80度付近の2か所にできた、海氷の厚みが現在1m程度まで薄くなっている部分です。以下のサイトで詳細を見ることができます http://arctic-news.blogspot.jp/2013/06/thin-spots-developing-in-arctic-sea-ice.html#more 海氷内部にできた海水域はポリニアと呼ばれ、最近ではそんなに珍しいものではありませんが、早い時期に大きなポリニアが生じてしまうと、そこが太陽熱を吸収するため内側からも海氷の融解が加速されることになります。その影響がどの程度になりそうかは簡単には計算できませんが(どなたか専門の方がいらしたら、コメントお願いします)、これも懸念材料の一つになりそうです。

「1円玉を拾う行為」と温室効果ガス削減

 最近ネットで見つけて面白かった話題の一つに、「道に落ちている1円玉を拾う行為は、1円分以上のエネルギーを消費するので割に合わない」というものがあります。たとえエネルギー(人間の運動エネルギーと、消費カロリー)的に考えて拾うほうが合理的であったとしても、これを継続して行えば足腰への大きな負担となるので、やはり割に合いません。もし1円玉が何千枚もまき散らされた部屋で、これをかがんで1個ずつ拾って、拾った分だけ給料になるというアルバイトがあったとしても、ほとんどの人は1時間以内に根をあげるでしょう。

 温室効果ガスの削減を考えるときも、それに必要とされるエネルギー、資源、時間、金額を定量的に評価しないと、これと同じことになりかねません。ただ時間の無駄になるだけならまだしも、例えば「自動車を使って遠くまでエコバッグを買いに行く」というのはむしろ環境へ悪影響を与えています。このようなできの悪いジョークのようなことをやって、しかもそれを他人に勧めているという人は、おそらく自分の「エコ活動」について計算をしたことがないのでしょう。

 僕が以前に出席したある会議では、環境への配慮ということで参加者への飲み物が紙コップではなく、ガラスのコップで出されていました。一見これは紙コップ製造で出る温室効果ガスの削減のために合理的な行為と思えます。しかし、その効果はどのぐらいでしょうか?

 紙コップのLCA(Life Cycle Assessment)を行った東京大学安井研究室の資料によると、生産から廃棄までに排出される二酸化炭素は99.34g、以前このブログで取り上げたサイト http://d.hatena.ne.jp/muramototomoya/20070416/drink によると、コップ1個を洗剤で洗うと2.4gの二酸化炭素が放出されます。よって、ある会議で100個の紙コップをガラスコップにすることにより、約9.7kgの二酸化炭素が削減されます。これはコップの生産や運搬に関係する二酸化炭素を計算から除外した場合で、例えばコップを割ってしまうとその生産のための二酸化炭素分、削減量は少なくなります。

 しかしガラスコップに替えると、それを洗うための労力が必要とされます。コップ1個を洗うのに20秒、洗い終える前と後には、コップを並べるなどの手間がかかるため、100個で1時間かかると仮定します。コップを洗うために時給1000円のアルバイトを1人雇うと、ちょうど1000円かかることになります。つまり、紙コップをガラスコップに替えるといういうやり方では、たった9.7kgの二酸化炭素を削減するのに1000円もかかるわけです。カーボンオフセットの相場は1tあたり大体5000円なので、1000円払えば200kgは削減してくれます。

 こういった非効率的な行為でも、やらないよりはましだろうという反論が出そうですが、僕はそうは思いません。人間は生活の中のあらゆることに、最大限の環境への配慮を払って生活できるわけではありません。それならば同じだけの手間や時間がかかるものの中で、最大限の効果があるものを優先すべきです。例えば100人が出席する会議で誰か1人、会議への移動の東京―大阪間を航空機から新幹線に替えるだけで、430kgの二酸化炭素を削減できます。これは約44回の会議で100人の紙コップをガラスコップに替えることに相当します。このような効率的な対策をなおざりにして些細なことのみをやって環境に配慮しているとアピールするのは、グリーンウォッシュ、つまり環境偽装の一種ではないのでしょうか。

 環境に関する標語?の中で、僕が2番目に嫌いなのは「できることからコツコツと」です。これは皮肉っぽく言い換えると、「自分の懐が痛まず、あまり時間もかからない範囲で、どのぐらい効果はあるかわからないけど何もしないよりはましだろう」となります。ネット上の情報を使えば、自分のしている行為がどのぐらい効率的かは簡単に計算することができます。その行為が「1円を拾う」ことと同じか、またはそれ以下(やればやるほど環境に悪影響)なら、何もしないほうがましでしょう。

6月2,3日の大阪、京都旅行 2

 万博記念公園の後は、京都に行って後輩と飲み会(僕はビールはコップ1杯だけ)。次の日は懐かしい場所や大学の周りを歩きました。4月の旅行と重複するところは省略。

三条通りのゆるキャラ?「三条とーり」(そのまま)2013-06-03 104836

鮮魚店が閉店した後にできた立ち飲み「さかな屋のあと」の写真を撮ろうと思ったら閉まっていました。2013-06-02 183721

一条寺のミステリ、SF、幻想文学に強い古書店「萩書房Ⅱ」の看板。2013-06-03 114443

初夏の鴨川デルタが一番好きです。アイスもなかを食べていたら、鳥が急降下してかっさらっていった(´;ω;`)。IMGP0259s.jpg

子供が魚を網で採っていました。IMGP0256s.jpg

以上、おちこんだりもしたけれど、私は元気です(ツッコミに困るボケで申し訳ない)。

6月2,3日の大阪、京都旅行 1

 大学の学園祭の休みを利用して、土~月と大阪、京都を旅行してきました。土曜は梅田のホテルに宿泊し、日曜は枚方市の万博記念公園に。お世話になっている先生に、記念公園を案内していただきました。突然の申し出にもかかわらず、貴重なお話を伺い、本当にありがとうございます。

 まず最初に国立民族学博物館へ。世界中の多くの民族の文化にまつわる道具、乗り物、宝飾品などが展示されています。祭事のための華やかなもの、呪物のような禍々しいもの、遠い国の物なのになぜか懐かしいものなど、いろいろな展示を見ていくうちに、人間の営みの多様性と、その根底にある共通の思い(豊かな実りをもたらす自然への感謝、死に対する恐れとその克服、現世を楽しみたいという思い)が伝わってきました。

 次にEXPO'70パビリオンへ。ここは万博当時の鉄鋼館を利用した万博の記念館で、当時の様子を伝える様々な資料が展示してあります。館のガイドの方の説明付きでまわっていったのですが、やはり圧倒されたのは岡本太郎のデザインによる太陽の塔の内部空間(現在は非公開)にあった「生命の樹」の1/2スケールのモデルです。樹の周りには様々な生物の模型(制作は円谷プロ)の模型が取り付けられ、原生動物から人類までの進化が示されています。また館全体からは、テクノロジーへの憧れと、それを作り出した人間の理性への信頼という肯定的なメッセージが感じられました。

 万博当時の70年と現在では、環境やエネルギーなどの点で状況が異なるかもしれません。しかし2つの博物館を案内していただいて、様々な生物とともに進化してきた人間は、その創造物(文化、社会、政治、経済など)と、多彩な人々の協力によって、困難な状況も乗り越えることができるというメッセージを受け取った気がします。案内してくださった先生の著作の、温暖化対策は対立ではなく協力による運動、「祭り」のようなものにしなければならないという部分がとても印象に残っていたのですが、43年前世界最大級の「祭り」があった場所で、その精神を感じることができたと思います。

遠くからでも圧倒される太陽の塔。まるで生きているようにも感じられました。IMGP0245s.jpg

裏の過去を表す「黒い太陽」IMGP0242s.jpg

6月1日 梅田にて

 今梅田のホテルです。月曜更新といっておきながら、ホテルでノートPCを借りてブログを書いてしまいました。京都市左京区が僕の日常だったなら、学生時代からバイトでよく来ていた梅田はよそいきの場所でした。大阪駅に隣接するラクアはさすが関西ファッションの中心地のひとつ、おしゃれな人が多くて刺激になりました。都会で多様なタイプの人の流れの中で、新鮮なものと情報にさらされていると、全身の細胞が活性化する気がします。写真は夜のMBS放送の前です。キャラクターの名前は忘れました。明日はいよいよ太陽の塔に行ってきます。
2013-06-01223743.jpg
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。