スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'14 6/23 近況

更新が滞り、申し訳ありません。足のむくみなどに苦しみながrも、闘病を続けています。
昨日は高校時代の友人の結婚式でした。おめでとう。末永くお幸せに。
僕は参加できませんでしたが、多くの友人がお見舞いに来てくれました。本当にありがとう。
スポンサーサイト

’14 5/12 エコーの結果

 先週受けた超音波エコー、血液検査の結果が出て、肝臓の大きさはほぼ変わらず、腹水の増加はなし。肝機能の数値もとくに変化なし。赤血球の減少などから輸血は必要ということになりました。今のところ、とりあえず現状維持で、進行していないことを考えると温熱治療は効果をあげているということでしょう。僕の選択は正しかったことになります。

 自分でいろいろ考えて正しいと思った治療法は、周囲の反対があっても実行するべきだと思います。温熱療法は、両親がセカンドオピニオンの料金一万円が惜しくて(!)反対していたもので、福井の赤十字病院に伺いに行くときにも、向こうの先生から言われてついてはきましたが、腹を立てていて診察室に入ろうとしませんでした。このようなバカげたケースはまれだと思いますが、たとえ主治医が反対しても、正しいと思う信念があれば検討してみてください。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

闘病で得た教訓

 ご無沙汰しております。転院して気が緩んで、ブログの更新を怠っていました。今日42歳の誕生日を迎えました。2年近く前の6月に余命数か月と言われて以来、2度目の誕生日を迎えることができる可能性は高くなかった思いますが、何とか皆様のおかげで生きてこれました。ありがとうございました。今日は、そんな自分が闘病を通じて見つけた「ささやかだけど、役に立つこと」(レイモンド・カーヴァ―)。

・闘病で重要なことは、結局「科学」である。安易な精神論に逃げない

結局のところ、病気は身体上の物理現象です。それを安定した状態に保つために最新の医学を適切に用いること以外に治す方法はありません。「気力」や「精神」が大事なのは、それがNK細胞を活性化させたりなどという、未知のものも含めて医学的効力があるからであって、それ以上でも以下でもありません。
 
・質の高い情報、人脈の重要性

 闘病のための医学を適切に用いるなら、主治医だけでなく他の医師や薬剤師、専門家など高度な知識を持った人脈が必要です。プライベートの人脈があれば幸運です。また病気の情報を集めるのに、インターネットは必要不可欠な道具です。ただネット上の情報は玉石混交なので注意。

・「がんばれ」、「あきらめない」はあきらめた人間の言うこと

 病人にとって時には迷惑、さらには侮辱的な言葉は「がんばれ」「あきらめるな」でしょう。「あきらめるな」なんて何万回言われるよりも、少しでも病気をよくするものや情報、わずかな見舞金の方がよっぽど役に立ちます。生きるためにわずかな可能性を模索している人間にこのような言葉を浴びせるのは、思考が停止し本当はあきらめている人間です。この場合安斎先生にはご退場お願いしましょう。

・周囲の雰囲気を若く、ポジティヴに

 病気、特に大病で入院すると生活の中心に病院が入ってきます。病院は病人、特に老人が多く集まる場所であり、その多くは余命が短く、エネルギーに欠けています。入院しているともう自発的に治療をせずに医者任せにした老人の患者が、1日中テレビを見て食事をして寝ているだけという例を見ることが多いです。しかし80歳近い患者でも、自分でPCや専門書で情報を集めて少しでも快方に向かうために努力している人がいます。人生に対する態度の違いでしょう。
 また若く活力に富んで、時間と可能性が多く残されている若い人との交流も役に立ちます。若い人やもの、情報が集積する都市に出かけることは、それらのエネルギーをもらうことです。体力の許す限り、積極的に出かけましょう。

・無理な目的を持たない

 自分の状況を冷静に分析し、現時点で無理な目的を持たないことも大事です。完治を目指すなとは言いませんが、夢を見るあまり今しなければならないことをおろそかにしていては現状を悪くするだけです。僕の今の目標は、6月の中旬、がん発見より2年目を迎えることです。

以上、少しでもお役にたてれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

'14 4/15

 おそらく今週にあると思っていたCTの検査はないようです。やはり2か月に1度ほどのようです。特に大きな変化はありませんが、疲れやすいです。

 友人たちが今週末ご馳走してくれるので、楽しみにしています。あまりブログの更新もできませんが、よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ

2014 春夏の傾向と対策

 今年の春夏は、有力ショップや雑誌が大きくフレンチカジュアルに転向すると考えていたのですが、大きな傾向は変わらないようです。やはりフレカジはアイビーの一変種に過ぎないのでしょうか。その中でもセレクトショップのEdificeと雑誌のBeginは比較的フレンチ寄りのスタイリングが見られました。また病院の待合で久しぶりに『笑っていいとも』を観たのですが、テレフォンショッキングで出ていた小沢健二が、ほぼ20年前のフレンチアイビーそのままのスタイリング(ボーダーシャツと紺のジャケット)をしていたのが印象的でした。

 もたもたしている間に、僕の入院している所では最高気温が20度ほどになりました。この気温でのフレンチカジュアルのスタイリングと言えば、ボタンダウンの上にSt.Jamesのボーダーシャツ、ホワイトジーンズが定番ですが、いくらなんでもベタ過ぎ、古すぎます。20年前と全く同じなので、40前後がやると当時の服を引っ張り出してきているようにしか見れません。
20140406152525.jpg

シャツはスタンドカラーのもの。カーディガンはSt.Jamesをバラシて再構築したような国内デザイナーkiitのもの(新古品で約60%off)を。パンツはウエストか裾にイージーパンツの要素があるデザインのものがよいでしょう。

 中年がアレンジをせずに定番を着ていると、結構気恥ずかしいです。年を取っているからこそ、着てきたものにそれまでの遍歴が現れるわけで、何も考えずに手抜きでボーダーを着てきた人と、いろいろな服を着てきて今またボーダーを着る人との間のフレンチカジュアルには歴然とした差が出てきます。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが励みになります。




環境問題・保護 ブログランキングへ
プロフィール

大熊座から来た男

Author:大熊座から来た男
HNは池澤夏樹『スティル・ライフ』より。
ブログ名は、ツンデレ美少女風に読んでください。
CV:今井麻美、斎藤千和推奨。

膵腺房細胞癌という非常に珍しい病気と闘いながら、気候変動(特に北極圏問題)や気候工学(ジオエンジニアリング)について学んだ情報を発信していきます(体調不良のため、最近は闘病ブログになりつつあります)。気候学は独学で勉強中なので、いろいろとご指摘お願いします。

このブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

フリーエリア
こちらもクリックしていただけると嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。